レインズとは | CoCoDA – BLOSSOM DESIGN-

BLOG

2024.02.24

レインズとは

一般の方には非公開の不動産情報サイトです。

宅地建物取引業の登録事業者のみが利用・閲覧できる情報サイトで、全国にある全ての不動産業者ネットワークです。


「レインズ(REINS)」は国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムです。

Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」の英語の頭文字を並べて名付けられ、組織の通称にもなっています。


このレインズを通じて、売主さまが依頼した売却不動産を全国の仲介業者間で公開していきます。

成約事例が確認できる

レインズには過去に取引された事例が蓄積されており、それらを参考にエリアごとの適正価格を知ることができます。

宅地建物取引業法(以下「宅建業法」という。)において、『専任媒介・専属専任媒介契約でレインズ登録した不動産が成約に至った場合は必ず、その成約価格を登録しなければならない。』と規定されていますので信頼性の高い情報となっています。

一般非公開の理由

繰り返しになりますが、レインズは宅建業者だけが利用できるシステムです。

その理由としては、個人情報への配慮があります。
とはいえ、レインズに所有者の住所・氏名・連絡先が公開されているわけではありませんが、多岐にわたる売却物件情報には十分な配慮が必要との判断から、一般の人は利用できない仕様になっています。

レインズの概略図

不動産流通機構のホームページに掲載されている概略図が仕組みを示していますので参考につけておきます。もっと詳しく知りたい方は宅建業者が利用するページですがレインズホームページは一般公開されています。

一般公開のレインズとは

実はレインズの情報を一般の人でも使えるようにしたシステムもあります。

それが「REINS Market Information」です。

「REINS Market Information」では、個人情報が特定できない情報に加工したうえで、エリアごとの過去の成約価格や相場、面積などの物件情報を検索できますが、利用はマーケット概況が知れる程度の内容となっており、このサイトから宅建業者へアクセスすることは出来ません。

NEXT